スマホサイトを見る
impression 株式会社インプレッション
Home Service Company Message from CEO Access Recruit
Message from CEO

業務領域とサービス
分析の原点とは
マーケティングとは
プレゼンテーションとは

業務領域とサービス
mail

分析の原点とは

  弊社の業務領域の一つである「分析」というジャンルに斬新な定義を付加するならば、それは「直感とイマジネーション」だと考えています。そして、その原点は分析対象に対する「観察力」にあります。
 それは、学問的に高度な分析手法を学び、高機能な分析アプリケーションを用いても、そして分析するに足る十分なデータが揃っていても、分析対象に対する豊かな感性なくしては、真に価値ある分析結果は導き出せないという考えが背景にあるからです。

 つまり、真のアナリスト(分析のプロフェッショナル)にとっては、経験値というものを除外した場合、その対象ジャンルによる得手不得手はなどというものは存在しないはずなのです。さらに、斬新な発想や分析力とはデータだけをもとにするモノではなく、むしろ感性(直感とイマジネーション)に依存するからです。そして、その「直感とイマジネーション」を創出する根本には、モノを客観的に見つめ正確に捉える観察眼があるのです。

 「分析」とは、一般に極めてデジタルなイメージを持つジャンルですが、その分析結果を真に価値あるモノに昇華させる根本に根ざすものは、極めてアナログ的な人間の感性なのです。同じように見えるモノの違いを捉え、異なるように見えるモノの共通性を捉えることは、デジタルの世界では膨大な実例に裏打ちされたアルゴリズムを必要とします。そして、新たな事例に対しては、そのアルゴリズムの修正や更新が不可欠ともいえるでしょう。
 しかし、極めて優秀なアナリストの感性とは、すでにそれを具有しているだけでなく、無意識のうちに自動更新を実施しているのです。その能力は、一般に捉えられている「分析」を遙かに超越する真の洞察力としての意義を持ちます。さらに、それは、様々なジャンルに対しても応用が可能となるのです。

 当然、一つのマーケットに精通することでさえ、そう安易なことではないでしょう。しかし、弊社は、特定のジャンルに固執することなく、現在に至るまで極めて広範囲なマーケットの商品やサービスに携わるとともに、非常に短期間で、その全体像にアプローチすることを可能としてきました。
  そして、その各のマーケットでのノウハウが、真の経験値として生きているからこそ、すぐにまた別なマーケットでの応用が可能になっていると考えています。 それこそが、私が弊社のスタッフに望む真のノウハウであり、その集大成が弊社の隔絶した競争力になっていると確信しています。



第一線のビジネスシーンが認めるゆるぎない信頼。それを支える私たちの総合ストラクチャー。


PAGETOP

COPYRIGHT [C] 2004-2015 Impression Inc.